命名ボード、出産・結婚祝い、開店・開業祝い、退職記念、還暦などのお祝い書額

お祝いの書 祝古希

プレゼントされる側のお気持ち、だからこそ相手にきちんと心をが伝える。
お好きな言葉や、メッセージをご両親やお世話になった方々へ贈る心のギフト書。

父の日、母の日のプレゼント、感謝状などをインターネットで探す場合、時間的な余裕があまりないこともあるようです。
当店は、ご依頼を頂いてから書道家が書き下ろす書作品の為、およそ3週間程度のお時間をいただいております。
やっと見つけたホームページが納期に時間がかかるとなると、また悩みが増えます。
あまりの急なご依頼にはお答えできないこともございますが、内容によってはご相談に乗ることも可能ですのでまずはお問合せくださいませ。

こちらの書道額は、お祝いの書。
背景マットにもこだわりを持っています。
お子様誕生記念に命名ボード、または出産祝い、結婚祝いやご両親への贈呈、開店・開業祝い、上司へのお礼、ご家族の退職記念、敬老の日のお祝い品、還暦・古希・喜寿の祝いなどと、あらゆるお祝いやプレゼントに贈られても書道家直筆だからこその温かい想いや気持ちを伝えることができると思います。
また、お贈りした後はお店や応接間、リビングにインテリアとして飾ることのできる和風なデザインは、色あせることなく末永くご鑑賞いただけます。

 

用途は様々、色んなシーンにご活用頂けます
●還暦祝い、古希、喜寿、米寿、敬老の日などの長寿のお祝い
●父の日、母の日、ご両親への日頃の感謝の気持ちを
●結婚式のサンクスボード、ウェルカムボードとして
●赤ちゃん誕生のお祝い、命名書、メモリアルに
その他、ギフト、プレゼントのお品としてもご活用頂けます。
お祝いの書 基本筆耕内容
●額の色…ホワイト
●額のサイズ…465×387mm
●基本文字数…30文字まで
●30文字以上は1文字ごとに加算
商品掲載ページは毛筆工房薫会へ
毛筆工房薫会 お祝いの書
※画像や内容は予告なく変更されることがございます、ご了承くださいませ。
毛筆工房薫会

毛筆工房薫会

投稿者プロフィール

熟練した書道家、賞状書士による上質な賞状書きをまごころこめてお安く提供し、社会貢献を目指すオンリーワンの賞状書き専門店。
ぬくもりの賞状書き、表彰状、看板、表札書き、手紙、招待状、社訓社是書き、経営理念書き、メニューお品書き、宛名書き、履歴書等、毛筆(ふで)書き筆耕はお任せください。
ご出産祝、誕生祝の品、誕生日お祝、贈り物、プレゼントの品等筆耕、制作いたします。

この著者の最新の記事

関連記事

NEW Latest Articles

  1. 筆耕社訓など2
    自身や会社の経営思想や経営哲学を書き出し、その中からこれだけは守ってほしい、こういう考えで行動してほ…
  2. 筆耕社訓など
    どのような経緯で創業された・・・ 創業時の仕事にかける思い・・・ 「たとえさまざまな状況が変化し…
  3. kaorukai-11
    筆耕・毛筆工房薫会では書道のボランティア活動を継続しております。 平成16年には永年のボランティア…
  4. syakunnsyou
    プリンタでは決してまねできない手書きの存在感。 人の心を筆で耕す、書道家や筆耕士は筆一本で勝負する…
  5. sannple-102
    毛筆の良さを生かし、書道家の厳格な書体を重視し制作する経営理念・社訓・座右の銘の額。 開店祝い・開…

ピックアップ記事

  1. 書道 薫会

    2015-3-1

    書道、筆耕全般承ります

    1000名を超す門下生を持つ薫会は、現在活動中のスタッフは多数。 書道の啓蒙活動とともに、薫会グル…
  2. 経営理念社訓直筆します

    2015-3-21

    企業の経営理念、社是、社訓を筆文字にてご提供いたします

    企業の経営理念、社是、社訓を筆文字にてご提供いたします。 薫会ではインテリア書、筆文字デザイン、書…
  3. 書道・筆耕 薫会

    2015-3-1

    存在感のある手書き毛筆文字を筆耕いたします

    一生に一度の大切な思い出。 会社に掲げる大きな目標。 やはり手間のかかった、人の手を介した筆耕文…
  4. 感謝状サンプル

    2015-4-7

    賞状制作 熟練筆耕士、書道師範が筆耕、代書、代筆作成 します

    賞状・感謝状・表彰状・褒賞・卒業証書など1枚からでも制作いたします。 薫会では長年の経験と筆耕規定…
  5. kaorukai-11

    2016-4-4

    永年のボランティアに対し京都市社会福祉協議会会長表彰を受ける

    筆耕・毛筆工房薫会では書道のボランティア活動を継続しております。 平成16年には永年のボランティア…
ページ上部へ戻る